キングモーモンの日記

モーモン似の主婦のグルメ、映画、お出かけその他の記録。 リンクフリーです。

免疫の低い自覚のある私は
いまだに基本、外食は自粛中で(^^;。

大好きなラーメン屋さんに行けない分、
おうちで生ラーメン食べてます。

最近のお気に入りの生ラーメンはこれ。
日清の京都中華そば「ますたに」さん。
細麺でまさに京都のラーメン、って感じで
とっても美味しいです~。
DSC_0184 (1)
こういう生ラーメンの名店シリーズで
印象に残るのはそれほどなかったけど
この「ますたに」さんだけは、
個人的に好印象で、鬼リピしてますー(^-^)!

イオンにもあったのに、最近見かけないと
思ってたら、ニュータウンのヤオコーで
発見!良かった、嬉しいですー。
DSC_0197~2
旦那様が休日のお昼に作ってくれた。
最近、生ラーメンとか簡単なものは
たまに作ってくれるようになりましたー(^-^)。
DSC_0201
後ろの方にちらっとあるのは、イオンで
売ってるニラキムチ。とっても濃厚です。
これは、ラーメン花月嵐の卓上調味料、
坪ニラにそっくりで後半に味変できて重宝。
DSC_0205~2
DSC_0217~2
このように涙ぐましい努力をしつつ
外食大好きだった生活を捨てて早一年、
なんとか楽しく暮らしています(笑)。

この生ラーメン、ほんと京都背油系醤油の
ラーメンチェーン、魁力屋とか来々亭に
似ててお店で食べてるみたいな気分。

なかなか本場のを食べれないので
非常にありがたいです。

そもそも外食できないしね。

店だと背脂抜きにして貰う私だけど
これは添付の背脂入れてもマイルドで
美味しく食べれてます。


京都ラーメンのチェーン店に行けてた頃のレポ↓




お読み頂きありがとうございました。
ブログ村に参加しています。
クリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 穏やかな暮らしへ
にほんブログ村

にほんブログ村 グルメブログ 千葉食べ歩きへ
にほんブログ村


うちの生姜焼き、マイベストのタレは、
酒、みりん、醤油を全て大さじ1で、
お酢を小さじ1。←これがポイント。
酸味を少し足すと味にパンチが出る(^-^)。

生姜のすりおろしは一欠片以上多目で。

生姜焼きのタレ黄金比ってよく見るのは
酒、みりん、醤油を全て1:1:1。

人数やお肉の量によって、タレの分量は、
大さじ1だったり1.5だったりするけど
要は3つの調味料を同量の比率で
混ぜればいいみたいです。DSC_0184
いつもの基本の作り方は、
ばら肉とかの薄切り肉で作るときは、
軽く塩コショウした肉に
小麦粉をまんべんなく絡めて下準備。

油をひいてニンニクを少しいれて、
お肉に焼き目をつけたら、
レンジで2分チンした
薄切り玉葱4分の1個を混ぜて、
(この玉葱はタモリさん流らしいです(^^;)
タレを混ぜて少し煮詰めて完成。

生姜焼き用の厚めスライス肉を使って
ポークジンジャーを作るときは
塩コショウしたお肉の両面に
片栗粉をまぶして、玉葱を省略で同様に。

家によって、お味噌汁みたいに
微妙に違う定番家庭料理の味付け。

でもこのザ・家庭料理!ってメニューは
お客様にはあまり出してくれないのよねえ。

よそのおうちのもいつか食べてみたいです。


お読み頂きありがとうございました。
ブログ村に参加しています。
クリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 穏やかな暮らしへ
にほんブログ村

にほんブログ村 グルメブログ 千葉食べ歩きへ
にほんブログ村

このページのトップヘ