喪中と生理中は神社の参拝は控えよう、と
思っているけど、自分が知らないうちに
実は喪中だった!ってことが意外とある。

でも、知らないで参拝する分には
眷族さんに怒られることはないみたい。
(神様はどんなときも基本は怒らない)

しかも、眷族さんたちのNGは、
生理中の参拝は失礼だと知っていて、
喪中の参拝は失礼だと知っていて、
自分の都合を優先するって場合のみだけ。

だから、そんなには心配してないけど
私の場合、怒られる心配って言うより、
神様たちに、嫌なことをしてしまう心配。

個人的には、ただただ人間に優しい、
日本の神社の神様たちには、
少しでも失礼なことをしたくないんだよね。

でも喪中の日数をすぐに忘れちゃうので
ここにメモしておこうと思う。

別の考え方の方、神道や仏教に詳しい方、
なんのこっちゃ?という方は
完全スルーしてくださいませ~。

【喪中の日数】
 
両親、子供、配偶者は49日間。
(神棚のある家は、血の繋がりに関係なく
同居人は全て49日)

血の繋がった4親等までの親族は33日間。
(遠い親類で、会ったことのない人でも
血が繋がっていれば、親族と同等扱い)

血の繋がらない一般的な喪中は7日間。
(血の繋がらない一親等は、子供の配偶者や
義父母など、一般同等で7日)

ちなみに4親等とは、
いとこ、大おじ、大おば、
姪や甥の子供まで、らしい。

一般的な喪中は7日なので
1番多いのはこれかもしれない。
葬儀に出たりご遺体に接したら、
その翌日からカウントする。

この日数の親類の範囲とかを
すぐ忘れて毎回調べてるので(笑)
自分のブログにメモしました。

普段は万全を期す為、この日数に
少し余裕を持って参拝します。 
同じ感じの人がいたら、役立ててね(^-^)

そして、いつも食べ物ブログだったので、
スピリチュアル系の話が苦手、
怖い〜、とか嫌い〜とかいう人はゴメン。
今後チョクチョク挟むかもー。スルーしてね。 

お読み頂きありがとうございました。
ブログ村に参加しています。
ポイントクリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 穏やかな暮らしへ
にほんブログ村

にほんブログ村 グルメブログ 千葉食べ歩きへ
にほんブログ村



私は、桜井識子さんのブログや書籍を
参考にしています。