去年の春に
天井に届いてしまったゴムの木を
ばっさりと切り落として
さし木をした経緯を書いたけど、
その後のさらにその後のお話です。
さし木ブラザーズの中で
唯一生き残ったミニゴムちゃんは
「グルート」と名付けられて
すくすくと育っています。

だけど一時は
もう駄目かなと諦めかけた時がありました。

何事もなく順調に冬越しもして、
春に向かってグイグイと新芽を出して。

今年1月頃のママゴムとチビゴムの様子。
DSC_4896
でも突然、チビゴムの新芽の部分が
全て焦げ茶色になって
成長がピタッと止まってしまったのです。

急に環境の変化があったわけではなく。
どうして機嫌が悪くなったのか完全に謎。 
それが4月頃のことでした。

例によってネットで調べて、
付け焼き刃の知識をもとに
慌てて水やりを増やしてみたり、
日照時間を増やしてみたり、
液体肥料をやってみたりしたけれど、
事態は悪化するばかり。

最終的には、根詰まりだろう、と。
だけど、見た目は全然大きな鉢なので
すぐには気がつけなかったんだよね…。

GWに植え替え準備をして鉢を開けてみたら、
思いのほか鉢底石を入れすぎていて、
鉢の大きさの割に土が少なかった!!!
ごめんね、グルート。(ToT)

ということで、しっかり土を足して
鉢を一回り大きくして、一安心。

けど、十日待っても、二十日待っても
一向に事態が改善しない。
新芽は真っ黒のまま。動き出す気配なし。

このままでは
いつ枯れてくるのかと不安でいっぱい。

そこで思い出したのが、
試行錯誤中に差しておいた液体肥料が
ゆっくりと染み込むはずなのに、
あっという間になくなっていたこと。
なんとなく、あれ、身体に悪そうな…。

もしかしてもとの土に肥料過多が
おきてたのかも?!と言うことで、
慌てて土洗浄をしてみることに。

と言っても、お水を土の上から勢いよく
ザアザアと数分間かけまくって、土中に
残っているかもしれない肥料を鉢の底から
洗い流しただけなんだけど。

そしてしばらくはしっかり土が乾くまで
水やりを控えて、お日様に任せておいたら。

なんと、真っ黒だった新芽たちが
グリーンに戻ってきたのですー。
そして、また新しい葉っぱを
咲かせるまでに回復しました(//∇//)

調子が悪くなってから、
ここまで実に2ヶ月くらい。
長かったー。ストレスだったー。

ゴムの木の新芽が茶色くなって
成長が止まったら、とにかくまずは
根詰まりを疑いましょう(^_^;)
あと肥料や水のやり過ぎかもですー。

ネットでゴムの木の新芽が茶色くなって
成長がとまる、この症状を調べても
なかなか答えが出なかったので、
僭越ながら体験談をのせてみました。

植物を育てるのって
やっぱり自己流では
なかなか難しいですー(。>д<)

元気になったよー(≧∇≦)
DSC_8370
ママゴムさんは我関せず(笑)。
モシャモシャと好き勝手に伸びてますが
相変わらず元気にやってますー。
DSC_8372


ご訪問ありがとうございました。
宜しければポチッとお願いします。
にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ
にほんブログ村 グルメブログ 千葉食べ歩きへ