キングモーモンの日記

モーモン似の主婦のグルメ、映画、お出かけその他の記録。 リンクフリーです。

カテゴリ:日々のこと > 記念日 食卓

混ぜるだけ(合えるだけ)
パスタソースが簡単便利で好き。

忙しくても、材料がなくても
すぐに作れて結構本格的に美味しい。

色々食べてみて、特にお気に入りがこれ。
カルボナーラそソース。二種類。
DSC_0379~2
キューピーあえるパスタソースカルボナーラ
と、オーマイの濃厚カルボナーラ!

これ、1つずつだと、なんか
イマイチ物足りないんだけど、
この2商品を混ぜて二人前に使うと
すごく美味しくなることを発見(笑)。

うちでは、このレトルトソース2種類に
黒胡椒を自前でたくさんふって、
お醤油をひとたらし。これで完璧!

あとは、もっと手作り感プラスするのに、
たまーに生卵1つも混ぜ合わせたりして
ボリューム増やしたり。

どちらにせよ、卵がなくても
生クリームがなくても、洗い物が面倒な時、
すごーくお世話になってます!

テレワークで毎日ランチに悩むので
パンのお供に、活躍の頻度は高いです(笑)。
DSC_0381~2
好みの市販ソースがなければ、
幾つか組み合わせてみるとうまくいくかも。



お読み頂きありがとうございました。
クリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 穏やかな暮らしへ
にほんブログ村

にほんブログ村 グルメブログ 千葉食べ歩きへ
にほんブログ村

うちで作るパッタイが
いまいち美味しくなくて試行錯誤中。
今回は結構美味しく出来てきたので
忘れないようにメモ。
DSC_0377~2
とりあえずセンレック(ライスヌードル)を
ぬるま湯で20分戻しておく。

フライパンでむきエビに塩胡椒をふって、
赤くなるまで両面焼いて取り出す。
同じく粗めのいり卵を作って取り出す。

にんにくと鷹の爪みじんを弱火で火を通し、
豚肉、もやし、にらを炒める。
戻したセンレックを入れて炒め合わせる。
ここに、中華だし大さじ1、
オイスターソース、レモン汁、
お酢、ナンプラー各小さじ1、
業務スーパーで買ったパッタイペースト
大さじ2を入れて良く混ぜる。
少し甘味が足りなかったら、砂糖小さじ1。

いり卵と海老を戻して炒めあわせたら
クラッシュドナッツを加えて完成。

業務スーパーのパッタイペーストは
裏側のレシピ通りに作るとイマイチ。
なので、とりあえず中華だしでこくを出した
所に大さじ1~2程度混ぜる位が丁度いい。

普段作るランチより、調味料の種類が多くて
面倒くさいんだけど、パッタイが好きなので
いつかお店で食べるのと変わらない味を
目指してこれからも頑張るー!

お読み頂きありがとうございました。
クリックして頂けると嬉しいです。


にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 穏やかな暮らしへ
にほんブログ村

にほんブログ村 グルメブログ 千葉食べ歩きへ
にほんブログ村

パスタは簡単すぎてレシピに
起こすほどでもないのだけど。
しょっちゅう作るうちの定番レシピのメモ。

ちなみにイタリアの本場で食べる、
卵とチーズと黒胡椒のみで作るタイプも
美味しいけど、うちでは日本人らしく
生クリーム入れるパターンのやつです。

2人分ならこれで絶対美味しい。

材料
 パスタ200  生クリーム1パック 塩小さじ1
ベーコン 薄切りパック2つ~食べたいだけ
パルメザンチーズ 大さじ2~入れたいだけ
プロセス板チーズ 2枚  豆乳か牛乳大さじ1
卵黄 2つ  黒胡椒 とにかくたくさん

作り方

パスタを二人分ゆでる。

フライパンに油をひかずに弱火で
ベーコンをじっくり焼く。
焦げ目がしっかりつく程度にカリカリに。
ベーコンの油をよく出すことがポイント。

焼いたベーコンに生クリームを
1パック入れたら、塩小さじ1と
粉のパルメザンチーズをたっぷり入れて
豆乳か牛乳大さじ1を混ぜておく。弱火。

茹で上がったパスタをそこに投入して、
右回りにグルグル20秒位混ぜる(乳化)。
板チーズを1枚入れたらパスタで巻き込んで
溶かし、もう1枚も同様に混ぜる。

皿にもりつけ、トップに穴を開けて
卵黄をのせ、黒胡椒をこれでもかと振る。
カルボナーラのカルボは灰という意味なのて
黒胡椒をしっかり入れまーす。
(生クリーム入れてる時点でダメだけど笑)

これて完成。
DSC_0310~2
かなり濃厚なので、チーズ好きにおすすめ。

板チーズとパルミジャーノを両方使うと
チーズの味に深みが出て美味しい。
板チーズはとろけるチーズじゃない
普通のプロセスチーズを使ってます。

グリュイエールとかチェダーとか
他のチーズを混ぜてもより美味しいです。

少しだけ入れる牛乳とか豆乳は省略可能。
ソースが本の少し柔らかくなるだけ。

卵もフライパンで入れて固まるよりは
最後に食卓で卵黄だけを混ぜる方が美味。


ちなみに旦那様の会社で感染者が出て
慌てて皆でPCR検査をした結果、
うちも含め他は全員陰性ではあったけど
しばらく出勤日ゼロの在宅ワークなので
更新滞りそうです~。ごめんなさい。


お読み頂きありがとうございました。
クリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 穏やかな暮らしへ
にほんブログ村

にほんブログ村 グルメブログ 千葉食べ歩きへ
にほんブログ村


ホットプレートでよくパエリア作ります。
今日は覚え書きに軽くレシピメモ。

いつも炊き込みご飯風に出来上がること
多いんだけど、今回は美味しく出来ました。
DSC_0399~2
お米2合にお水は400CCで作る。
お好みのシーフードとパプリカ、レモン。
玉葱のみじん切り少しと鶏肉細切れ、
コンソメキューブひとつ。白ワイン少々。
バター10Gとオリーブオイル。

基本的には具材を炒めて、取り出しておき、
オイルで炒めたお米と水と出汁を入れたら
お米の上に綺麗に具材を戻して、
沸騰してから15分中火で蓋をして、
火を消して5分蒸らす。

今回の作り方は、
パプリカとピーマンを、刻んで
レンジで2分チン。オリーブオイルと
レモンを少しふっておく(退色を防ぐため)。

ホットプレートにオリーブオイルをひいて
からつき海老を両面軽く焼き、取り出す。

みじん切り玉葱と鶏肉少々を軽く炒める。
そのままバターを追加して、お好みの魚介
(今回は冷凍のシーフードミックスで、海老、イカ、あさり、ムール貝と、生の蛍イカ)
を入れて軽く痛め、白ワインを振りかける。

お米もここに入れて炒めてもいいけど、
念のため別のフライパンで軽く
オリーブオイルで炒めておきました。
(吸水させると炊き込みご飯風になるので)

具材とお米と炒めたら、肝心の出汁です。

今回はコンソメキューブ一個と
ハウス食品のスパイス小袋パエリアを使用。
スーパーで100円位でよく売ってます。

サフランの他に出汁粉や塩も入ってる。
これをお水400によく溶かして入れる。
塩は使わずとも、味はしっかりでした。
DSC_0392~2
炒めたお米と出汁を溶かしたお水を入れて
よけておいた具材を上に綺麗に並べたら、
沸騰させ、蓋をして15分。5分蒸らす。

最後にレモンを飾って、絞りながら食べる。
DSC_0400~2
うちはお焦げが好きなので、また火をつけて
適度にお焦げを作りながら食べます(*^-^)。

いつもは具材もお米も一緒に炒めるけど、
今回はお米は別に炒めたせいか、
油コーティングがしっかりしてて、
お米にちゃんと芯が残ってアルデンテに。
やわやわの炊き込みご飯風にならず、美味。

ちなみに、野菜は赤と黄色と緑なら何でも。
今回はピーマンとパプリカで簡単。
他にはアスパラ、パセリ、赤はミニトマト。
黄色は最後にのせるレモンに任せるとか。
コーンを散らしても可愛いよね!
魚介やチキンの分量もいつも適量です(笑)。
→つまり適度に食べたいだけ。

一皿でも栄養はしっかりだけど、
箸休めにサラダやスープも追加して。
DSC_0395~2
ワインがすすみました~(笑)。

お読み頂きありがとうございました。
クリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 穏やかな暮らしへ
にほんブログ村

にほんブログ村 グルメブログ 千葉食べ歩きへ
にほんブログ村

スガキヤさんで出してるまぜ麺の素。
辛辛魚が美味しかったです。
二人前200円位。
DSC_0377~2
冷凍うどんをチンして混ぜるだけ~。
DSC_0380~2
とりあえず具材は適当に加えました。
DSC_0378~2
後入れ粉末は真っ赤だから、
辛いのかと心配したけど、辛くない。
DSC_0381~2
すごい魚介の旨味、かつお節みたいな味。
いわゆる魚粉って感じだったー。

全体も想像より辛すぎず、見た目と違う。
温泉卵のせいかマイルドで旨味が勝つ。
私でも美味しく食べれました。

出汁がよくきいてて、よくある
うどんに混ぜる系の謎の薄味でもなく、
しっかりした味で美味しかったです。

やっぱ日本はレトルト食品、
ソースやドレッシングなどの品質が最高。

それでか、最近はレトルト食品のレビューが
多い気がする…。外食しないからね…。



お読み頂きありがとうございました。
クリックして頂けると嬉しいです。


にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 穏やかな暮らしへ
にほんブログ村

にほんブログ村 グルメブログ 千葉食べ歩きへ
にほんブログ村

このページのトップヘ