キングモーモンの日記

モーモン似の主婦のグルメ、映画、お出かけその他の記録。 リンクフリーです。

カテゴリ:お出かけ > 旅行記

施設についての感想は前回メモしたので、
今回はお食事について。
食事はかなりポイント高かったです。

夕飯の懐石は、地の素材に拘り、
珍しい料理が、品数豊富。
少し濃いめの味付けだけど
パンチがあって美味しかったです。
DSC_0217~2
ビールもまあまあ美味しかった。
DSC_0213
とにかく珍しいものも多い。
DSC_0226
DSC_0216
やっぱり生のゆばは美味しい。
DSC_0223
この日は那須牛の鉄板焼も。
DSC_0231
デザートも可愛い。
DSC_0234
全体の満足度高かったです!


それと、特筆すべきは朝御飯の充実ぶり。
ビュッフェスタイルなのに、レベル高い。
夕食は素晴らしくても朝までこだわってる
ホテルはなかなかないかも。驚きました。

本当にどれも美味しくて朝から困る(笑)。
DSC_0202~2
DSC_0199~2
DSC_0104~3
DSC_0105~3
和食、洋食どちらも料理が沢山並びます。
全体の品数はこの3倍位です。
DSC_0198
デザートもジュースも。
DSC_0189
朝御飯でも一時間くらいかけちゃう。
レストランはこんな雰囲気です。
DSC_0051
朝のロビーでは珈琲やクッキーのサーブも
あって、朝からゆっくりしてしまいます。
DSC_0264~2
温泉も24時間入れるし、
近くの湯ノ湖の散策もできるので、
時間が足りないーと思ってしまう(笑)。
今回は本当に、グルメなお宿でした。


にほんブログ村テーマ プチ旅行と写真日記へ
プチ旅行と写真日記


ご訪問ありがとうございました。
1ポチお願いします。
にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ
にほんブログ村 グルメブログ 千葉食べ歩きへ

→公式サイト

今回は奥日光で最奥の、日光湯元温泉。
奥日光 森のホテルに宿泊。

たまたま昨日のテレビで
今人気の俳優さんが
紹介してましたね(^^;;

奥日光でハイクラスのホテルは3つ程度。
その中でも特に口コミが良かったので。

また急に週末旅行を思い立ったので、
世間は夏休み中と言うこともあり、
残った部屋に空きは少なく、ギリギリ。

それでも、温泉は源泉かけ流しで、
部屋も綺麗でご飯も美味しく、良かった。

朝は11時アウトなのでロビーでゆっくり。
手作りの焼きたてクッキーや
トラジャの珈琲を無料でサーブしてました。
DSC_0178~3
御神木テラスという、可愛い庭園もあり。
俳優さんが流しそうめんやってましたね。
DSC_0210~3
館内は北欧風のインテリアでした。
DSC_0184~2
到着時のウェルカムスイーツはあんみつ。
DSC_0183
女子は選べる浴衣が3つ。
DSC_0186
部屋の窓には緑が。森の雰囲気満載。
DSC_0188
DSC_0190_CENTER~2
アメニティは旅館などでお馴染みのポーラ。
DSC_0191
お風呂場にはDHCもありました。
夕飯は6時の決まりです。
DSC_0197
なんと、本当の野生の猿が遊びに来てた。
驚き!さすが森のホテルですー。
DSC_0210~2
森のホテルと言うだけあって自然満喫系。
夏の時期は虫との遭遇率高し。
ほぼトンボでしたが。苦手な人は要注意。

またまた朝イチの温泉はずっと一人で
ほぼ貸し切りだったので、ちらっと
撮らせてもらいましたー。

源泉かけ流しで硫黄の温泉です。
到着時は、かなり匂いがきついのね!
硫黄泉のかけ流しは初めてでビックリした。
DSC_0241~3
夏はトンボなどがかなりいるので怖い…。

内風呂も源泉かけ流しですが、
設備はだいぶ年季入ってた。
硫黄の成分でか、凄く苔みたいに汚れてて
なかなかの見た目なので、綺麗!な施設を
想像すると、だいぶショックかも。

部屋つき露天が多いので、いつも貸切状態。
見た目のやばさを多目に見ると贅沢です。
IMG_20190908_000044
このお風呂、入ってる時に
自分の肌を触ると、ピーンとして
なんだか初めての感覚でした。
なんか効きそうなお湯です(笑)。
帰ってきてもしばらくお肌の調子は良好。

湯上がりには冷たいお水も準備されてます。
DSC_0241~2
部屋の冷蔵庫にお水もありました。

靴を脱いで靴下でロビーから部屋の中まで
そのまま歩き回るお宿です。
気になる人はスリッパ持参すべきかな(笑)。
DSC_0100
良くも悪くもとにかく森のホテルです。
DSC_0219~2
窓からの景色は本当に山と森な感じ。
DSC_0244~2
とにかく静かに過ごせるホテルです。
時期もあるのか、二人連れ客が多く、
お子様連れはほぼ見かけませんでした。

ハイクラスのホテルだけど、
施設は年季が入っている所もあり、
虫が苦手な人は苦手かも。
温泉はとにかく素晴らしい質だと思います。
東武日光の山内からは車で一時間弱かかる
スタッフは親切で館内も静かで広々。
お料理が美味しいのも人気の秘訣かもです。

今回は奥日光、中禅寺湖付近で
湯の滝、竜頭の滝、華厳の滝を見たけど、
その他に日光東照宮近くの滝も2つ。

瀧尾神社の白糸の滝と
若子神社の寂光の滝です。

ここは私の好きなブロガー作家さんの
桜井敷子さんの本でも紹介されていて
本当に素敵な所でした。

どちらもかなりの奥地なので、
動きやすい格好が必要ですー。

ここは霊験あらたかすぎて、
ピンボケはあたりまえ、表現しようのない
謎の写真もかなり撮れたけど(笑)、
なんとか綺麗に撮れたものを載せてます。

まずは滝尾神社の方です。
東照宮の左側の坂を登っていきます。
DSC_0063~2
冬とはまた趣が違って綺麗でした。
DSC_0085_HORIZON~2
少し小雨が降るような天気で
涼しいくらいだけど、山登りで汗だく(笑)。
DSC_0084
森林浴もできて気持ちはスッキリ。
神社には女峰山の女神様がいるそうです。
DSC_0086~2
非日常のひととき。
DSC_0108
森のなかは別世界です。
DSC_0110

日光山内の参拝の最後に向かったのが、
寂光の滝です。若子神社の奥なので、
東照宮駐車場から車を出して、
ホテル奥の院とくがわのある道を
ひたすら終点まで走ります。
(細くて結構大変だけど)
道の終わりには平たい駐車場のような
場所があって、かなり奥地でした。

神社の奥にひっそりとある滝です。
DSC_0172~2
道なき道を行くけど、木の根が階段になり、
なんとか近くまでよっていけました。
DSC_0165
その後この景色に出会えるのは感動。
DSC_0158~2
日光山内の滝は、山登りの後の
奥地にあるので、中禅寺湖そばの有名処の
観光滝よりアドベンチャー感半端ないです。
だからこそ、感動もひとしおでした!!


ご訪問ありがとうございました。
1ポチお願いします。
にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ
にほんブログ村 グルメブログ 千葉食べ歩きへ


にほんブログ村テーマ プチ旅行と写真日記へ
プチ旅行と写真日記

奥日光も良かったけど、
初めての日光夏旅なので、
念願のかき氷、食べてきたよー。

日光は日本に5ヶ所しかない氷室のうち、
3ヶ所の有名な氷室のある、天然氷の名所。
最近のかき氷ブームの元祖なのかも。

東照宮などのある山内から
歩いて行ける距離で、
かき氷は、有名な氷室の
4代目徳治郎だそうなので、

日光珈琲 御用邸通

にしました。

東照宮のある山内からは、徒歩15分程。
駐車場はないので、東照宮や輪王寺の
有料駐車場にとめて歩きます。

ちなみに夏休み最後の頃の山内駐車場は
東照宮大駐車場も輪王寺の駐車場も
平日なら朝10時頃でもまだ空いてました。
午後の2時頃には満車表示がでてたけど
比較的まだなんとか停められる感じでした。

とちおとめ 煉乳かけ1000円。
DSC_0132~2
イチゴソースが手造り感のある美味しさ。
かき氷はシャリシャリもきちんとあり
キーンと来ないけどちゃんとかき氷でした。

黒カレー ドリンクつき1800円。
少し苦味のある珈琲店らしい味。
DSC_0119
珈琲もすっきりして美味しかったそうです。
DSC_0105~2
店内もシックでお洒落でした。
DSC_0121~2
お庭の眺めも素敵です。
DSC_0120~2
日光山内の参拝後、平日のお昼頃は
早めに来ればすんなり入れたよ。
午後になるとすぐに満席でした。
お洒落で綺麗なのでホッとできます。
DSC_0116~2
山内から通りを渡って、住宅街の一角です。


にほんブログ村テーマ 関東近県 旅・グルメ・観光スポットへ
関東近県 旅・グルメ・観光スポット
にほんブログ村テーマ プチ旅行と写真日記へ
プチ旅行と写真日記
ご訪問ありがとうございました。
1ポチお願いします。
にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ
にほんブログ村 グルメブログ 千葉食べ歩きへ



関連ランキング:カフェ | 東武日光駅日光駅

夏の終わりの日光旅行。
今回は中禅寺湖周りの滝巡りです。

有名な観光名所になっている滝を3つ。
湯滝、竜頭の滝、華厳の滝。

まずは大きな中禅寺湖をさらに北上し、
奥日光の小さな湯ノ湖から流れる湯滝。

他より認知度は低めのこの滝が、個人的に
今回見た中では1番の大迫力でした。
DSC_0260~2
滝壺横の大きな駐車場は有料でした。
滝壺からは森の中の長い階段を登って
DSC_0256
滝のてっぺんも見に行けます。
てっぺん横の小さな駐車場は無料です。
DSC_0251
湯滝、本当に迫力満点で綺麗でしたー。
滝壺横には茶処があり、人気です。
DSC_0261_HORIZON~2
小さめの湯ノ湖も静かでまた素敵。
DSC_0247

次が有名な竜頭の滝です。
駐車場は無料で大きめの茶処あり。

滝壺からお茶やさんの左奥の階段を昇って
かなり上まで行くとこの大迫力。
DSC_0275
滝壺はこんな風に2つに分かれて綺麗。
DSC_0273
この景色を見ながら茶屋で食事もできます。
揚げたお餅と山菜を濃いめの蕎麦つゆで。
お雑煮600円、団子400円。
DSC_0284~2
お雑煮濃いめだけど、揚げ餅の油が溶けて
こくがあってすっごく美味しかったー。
老舗っぽく、風情のあるお店でした。
DSC_0279

最後は1番有名な、華厳の滝。
滝巡りのハイライトです。

有料駐車場からエレベーターで滝壺に。
ここだけ、結構霧が出てました。
涼しいと聞いていた日光や奥日光は、
8月の末ではまだまだめちゃ暑だったけど、
唯一ここだけ、ひんやりと肌寒かったです。
DSC_0311~2
気候が刻一刻と変化して、
晴れたり霧が出たり、小雨が降ったり、
なんだか離れがたく、長居しました。
DSC_0311
見物台の反対側にもこんな滝が。
こちらは霧が全く出てないの(笑)。
DSC_0296
反対側の華厳滝はこの霧。
DSC_0304
華厳の滝、すごく幻想的でした。
駐車場にはお土産屋さん沢山あり。

中禅寺湖からすぐなので、
気軽に3つ見に行けます。

滝って高低差があって、ほぼ絶対
森の中を階段移動なので、大変!
常にちょっとした山登りだと思うべき。
DSC_0313
日光、奥日光の気候は、
風が心地よいので、残暑はさわやかで、
確かに避暑地だけど、この湿気のせいか、
お天気だとそれなりに暑い。

薄い上着は持ち歩きましたが、
華厳滝以外、ほぼ半袖でした。

この日の奥日光、湯本温泉、中禅寺湖の
気温予想は最高25℃以下あたりで、
最低は18℃前後、予報は曇り時々雨です。
霧は時々でたけど、青空もあり、
山の気候は予測できないですねー。
厚めの上着持参したけどいらなかった。

日光は東照宮のある山内も好きだけど、
こちらの湖や滝のある奥日光もまた

このページのトップヘ